信頼関係も必要になってくるライターの仕事

自分が書いた記事がコピペだとわかったら相手から信頼がなくなり仕事もなくなります。ちゃんとオリジナルを書いて相手との信頼関係を構築していきましょう。 - 信頼が大事なライターの仕事

信頼が大事なライターの仕事

MP900387540自分が書いたオリジナルであるということはウェブライターの仕事としては基本的なことだといえます。特に気を付けなくてはいけないのが、ウェブ上に公開されているような記事をそのまま流用してしまうというようなことがないようにしなくてはいけないということです。

説明の為に引用する場合でも基本的にコビペはしてはいけないことになっています。指定がある場合は、逆に指定されたウェブサイトの記事をコピペしなくてはいけない場合もないわけではありません。しかし、基本はすべての記事をオリジナルにまとめることがライターの責任という事になるわけです。ですから、どんな内容の文章を書くかと言うよりも、オリジナルであるということを第一に考える必要がある場合が多いと言う事になるのです。

誰も見ないようなサイトの記事だから大丈夫だろうというようなことも考えないことです。ライターとしての信用問題にも発展するわけですから、自分自身で書いた記事を納品することを忘れないことです。
経験やスキルは特に必要としない仕事ではあるのですが、社会人として信用できるということは大事です。自由に時間を使って在宅できる副業だからこそ、しっかりと信頼される存在になれるように心がけなくてはいけないのです。

ちょっとした時間を利用して小遣い稼ぎになる

No Smoking Signウェブサイトにはいろいろなコンテンツがあります。多くの記事を必要とするような場合もあるわけです。そこでライターを必要とすることがあるのです。ですからウェブ上にはライティングの仕事があるというわけです。

在宅でも可能な副業としてウェブライターの仕事(http://kiji-writer.com/)があるということです。特別な仕事のように思えるかもしれませんが、決してそんな事はありません。ライターの経験がなかったとしてもはじめることが出来る仕事です。初心者でも記事は書けるということです。

もちろん案件次第ということではあるわけですが、プロのスキルが必要ではない案件も多いのです。ですから、時間に余裕があるが外で働くことが難しい主婦のような立場の人にとっては望ましい副業という事になるわけです。
ちょっとした時間を利用して、御小遣いを稼ぐというようなことも出来ます。もちろんある程度の案件を定期的にこなすことが出来れば、収入源として考えることも出来るでしょう。本業での収入では心許ないという人にとっては良い副業という事になるかもしれません。

特別な知識も技術も必要ではないというところがはじめやすい仕事と言えるでしょう。ブログやツイッターをやっているような人であれば、その時間をお金儲けに活かすことも可能でしょう。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫

更新情報

△PAGE TOP